日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所
日本仮設株式会社
 
日本仮設ホームへ工法紹介へ工法紹介へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
工法紹介
>
冬期上屋養生工法
>
テント式養生システム
工法紹介へ
冬期上屋養生工法へ
関 連 商 品
コンガードへ
フィルムヒーターによる加熱養生シート。
[クリック]
KO-除雪シートへ
ラクラク除排雪で、経費削減にも貢献する雪運搬用シート
[クリック]
札幌本社TEL
東京支店TEL

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ
冬期上屋養生工法

テント式養生システム

テント式養生とは、各工法専用の骨材の表面にシートを取り付けるための養生です。雪に対しては基本的に落雪を見込んでいる為、積雪による強度的な心配がありません。また、景観が良いというのもひとつの大きな特徴です。テント式養生屋根には、コンビネーションビーム ウルトラビーム があります。

コンビネーションビーム   

支点間適応スパン:6.0m〜40.0m
「コンビネーションビーム」STK700材という特殊な高強度パイプを使用したテント式の屋根養生工法です。500・900・1200型と間口幅によって4種類のビームを使い分け、最大40mもの空間を中間支柱なしで確保できます。自然滑雪する特殊シートを屋根に覆うので、積雪の心配はありません。また、シートガイドと呼ばれるシートを固定する部品でシートの継ぎ目の密閉性に非常に優れています。使用用途も工事現場はもちろんの事、コンサートなどのイベント会場や、ゴミの堆積場、農業・漁業などの倉庫等にも幅広く使われています。
コンビネーションビームクリックすると大きな画像がご覧になれますコンビネーション施工写真
適応スパン

500型・900型:5.9m〜29.2m
1200型:20.0m〜40.0m

サイズ

タイプは300・500・900・1200型の4種類
フラットと切り妻型の2種類の組み立てが可能

強度

弦材に高強度パイプSTK700材を使用している為、高強度で自立が可能

施工性

組立てに特殊な工具は必要なし
比較的短期間で施工が可能

安全性

地表面近くでシートも含め地組可能
高所作業が少なく安全かつ迅速に組立できる

※写真をクリックすると大きな写真をご覧になれます
コンビネーションビーム設置
コンビネーションビーム設置
コンビネーションビーム内側
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp