日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所

日本仮設株式会社

 
日本仮設ホームへ商品情報へ工法紹介へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
商品情報
>
型枠関連
>
Rクリップ
商品情報メニューへ商品情報メニューへ商品情報メニューへ
型枠関連へ
Rクリップ
特長/規格
取付方法/比較
資料請求
関 連 商 品
ウォールスペーサー
自動ロック方式の鉄筋スペーサーブロックウォールスペーサー
[クリック]
テツカブト
溶接による鉄筋強度低下を防ぐ対策金物!鉄筋無溶接工法[クリック]

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ

Rクリップ

セパ溶接用鉄筋金具
セパ溶接用鉄筋金具「Rクリップ」
許容荷重:21KN
規格
対応鉄筋
入数
Sタイプ
D13〜D25
150個
Lタイプ
D25〜D38
150個
D51タイプ
D51
50個
躯体の鉄筋にセパレーターを直接溶接しないので鉄筋強度を低下させません
橋梁や用水路など断面の大きな構造物の施工では、セパレーターを構造物の鉄筋に直接溶接するなどしていました。しかし近年、大地震による構造物の倒壊などにより、構造物の強度維持が課題として取り上げられるようになり、鉄筋への直接溶接が思いのほか強度低下を招くことが指摘され、直接溶接を認めない現場が増えています。
Rクリップは、鉄筋を損傷することなく、セパレーターを取り付けるための専用金具として開発されました。鉄筋断面を欠損させることなく、構造物の鉄筋とセパレーターを一体化させるための部材として、多くの現場で採用されてきました。
POINT1 POINT2
短いセパレーターで取り付けられるので、低コスト・少人数・簡単に施工できる 鉄筋に直接溶接しないので、鉄筋の強度低下の心配がない
POINT3 POINT4
鉄筋への取り付け向きが自由なので、さまざまな向きから溶接できる 鉄筋径に応じてタイプを選べる(D13〜D25用Sタイプ、D25〜D38用Lタイプ、D51用D51タイプ)
POINT5 POINT6
Uボルトで鉄筋に締め付けるので、振動、引張の力がかかっても安心 鉄筋の継手にも使える

※ただし、D29以上の鉄筋にSタイプを使用するなどの不適切な使用をしたり、Uボルトの締付、セパレーターの溶接が不良の場合はこの限りではありません。

規 格

型式
対応鉄筋
入数
Sタイプ
D13〜D25
Rクリップ150個/Uボルトナット150本
Lタイプ
D25 〜D38
Rクリップ150個/Uボルトナット150本
D51タイプ
D51
Rクリップ50個/Uボルトナット50本
※許可荷重:21KN
型枠関連へ
Rクリップ取付方法/比較資料請求
Rクリップ取付方法へ
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp