日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所

日本仮設株式会社

日本仮設ホームへ商品情報へ工法紹介へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
工法紹介
>
コンクリート関連工法
>
KBC工法
>
シラン系含浸材:アクアシール1400
商品情報へ工法紹介へ工法紹介へ
コンクリート関連工法へ
関 連 商 品
KB目地Sタイプへ
地覆・剛性防護柵のひび割れ対策に最適!KB目地Sタイプ
[クリック]
KB目地へ
コーキング不要のひび割れ誘発目地材KB目地
[クリック]
札幌本社TEL
東京支店TEL

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ

シラン系含浸材 アクアシール1400

シラン系含浸材-アクアシール1400- (当社推奨)

NETIS登録:KT-070047-V
平成23年度設計比較対象技術
アクアシール1400は、コンクリート表面に塗布するだけで、内部に深く浸透し、コンクリート表層部に吸水防止層を形成します。この吸水防止層はコンクリート構造物への水の侵入を防ぐことで、塩害、凍害、アルカリ骨材反応等の劣化要因からコンクリート構造物を保護します。また、ジェル状で優れた施工性を有しています。
用 

壁高欄、地覆 等

期待効果

コンクリート構造物の鉄筋腐食抑制・ 凍結融解抵抗性・ アルカリ骨材反応抑制・ 美観/景観維持

吸水防止層

・遮水性
・遮塩性
・水蒸気透過性機能を発揮

-外観と遮水状況-
平成20年度 北海道開発局 道路設計要領 第3集 橋梁では、道路橋コンクリート部材の凍害、凍・塩害の複合劣化を抑制する対策として、表面含浸材を適用する場合、地覆・剛性防護柵(壁高欄)では「シラン系を標準とし、当面は新設への適用を基本とする」と明記されています。

北海道開発局ホームページ 平成20年度 北海道開発局 道路設計要領
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_doro/download/downlord.html

第3集橋梁 第2編コンクリート 参考資料を開き、「B.道路橋での表面含浸材の適用にあたっての留意事項の 5.各部材への施工5.1地覆・剛性防護柵」をご参照ください。

特徴

 
1.施工性が容易、工程が少なく工期が短い

・刷毛、ローラー、エアレススプレー等で容易に施工
・ローラー施工には砂骨材ローラー(極細目)を推奨
・1回塗りで性能発揮
・ジェル状のため天井面や床板下部等上向面への塗装も可

 
 
2.再施工が容易

・塗膜を形成しないため直接再施工可
・塗り重ねによるハジキ現象なし

 
 
3.安価

・1回塗りのため施工費が安価

 
 
4.外観変化がなく、表面状態の確認や点検が容易

・塗膜を形成しないため目視で容易に確認可能

 
クリックすると大きな画像がご覧になれますクリックすると大きな画像がご覧になれますクリックすると大きな画像がご覧になれます
アクアシールU型 の吸水防止層
-クリックすると大きな画像がご覧になれます-
 
特徴
標準塗装仕様/注意事項
品質使用/荷姿/適用法規
珪酸塩系含浸材施工対象構造物へ
KBC工法珪酸塩系含浸材シラン系含浸材資料請求
シラン系含浸材標準塗装仕様へ
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp