日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所

日本仮設株式会社

 
日本仮設ホームへ工法紹介へ製作型枠へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
仮設計画
>
ひび割れ誘発目地「KB目地」割付け
仮設計画へ仮設計画へ仮設計画へ
札幌本社TEL
東京支店TEL

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ

仮設計画

ひび割れ誘発目地「KB目地」割付け

当社では当社独自のひび割れ誘発目地「KB目地」の割付施工計画を行なっております。(株)シー・アンド・アールコンサルタントとの連携により、各現場の状況にあった誘発目地種別(標準/止水)、設置間隔、施行方法のご提案・計画、検討書提出等でお客様のお手伝いをさせて頂きます。(※有料)
商品説明
KB目地標準タイプ KB目地標準タイプ
型枠建込時に取付でき、施工性が非常に良い
適切な配置により、有害なクラックのランダムな発生を抑制できる
欠損率を調節でき、誘発効果が高い
コンクリートの美観を損なわない表面の色合いである
KB目地止水タイプ KB目地止水タイプ
擁壁の山側、ボックスカルバートの外側面などに使用したい・・・
ピア下部や、ボックスカルバート下部の水に浸かる部分に使用したい・・・
ひび割れ誘発目地「KB目地」の詳細はこちら
参考図
土木学会では、有効欠損率20%、配置間隔はコンクリート部材高さの1〜2倍程度と決められていますが、当社では確実にひび割れを誘発するために、有効欠損率30%、配置間隔はコンクリート部材高さの1倍程度かつ5m前後を越えないことが望ましいと推奨しています。そのことを踏まえ、ピア、上部工、、擁壁、ダム等各種躯体に適応した計画を行ないます。
割付図面 割付図面
検討書作成
検討書
検討書
(株)シー・アンド・アールコンサルタントとの連携により、誘発目地の配置間隔検討や誘発目地に伴う温度ひび割れ照査等の検討書を作成いたします。(有料)
ひび割れ誘発目地「KB目地」に関する割付け・検討書作成依頼、ご相談はこちら
仮設計画へ
仮設計画誘発目地割付け冬期上屋養生計画製作型枠計画
冬期上屋養生計画へ
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp