日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所

日本仮設株式会社

 
日本仮設ホームへ工法紹介へ製作型枠へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
仮設計画
>
冬期上屋養生計画
仮設計画へ仮設計画へ仮設計画へ
札幌本社TEL
東京支店TEL

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ

仮設計画

冬期上屋養生計画

当社ではADM製品による冬期上屋システムを採用しています。様々な種類の中から、各現場のニーズに合った工法を検討し、ご提案させて頂きます。
商品説明
ユニット式 ユニット式
ユニット式は一定の規格サイズで屋根パネルが構成されており、クレーンで設置するだけで、簡単に架設できます。シートドームを併用することにより、採光が取れます。
テント式
テント式
工法専用の骨組材にシートを表面に取付るタイプの養生。ビーム材は専用の高強度材質を使用し、トラス状にすることにより、大きな間口を確保できます。シートは特殊な滑雪シートの使用により、自然落雪する為、積雪による強度的な心配がいりません。また、景観が良いというのも一つの大きな特徴です。
冬期上屋養生工法の詳細はこちら
参考図
参考図
参考図
検討書作成
積雪荷重及び、作業荷重、鋼材自重による各部材検討を行ないます。
基本的に積雪荷重は1cmあたり30N/m2で、各検討部材における作業荷重は中央集中で2000Nとします。鋼材は長期許容応力度に対してと、許容たわみ量L/150に対しての合否判定の検討をおこないます。
検討内容
検討書
検討書
 ・ADM上屋(フラットパネル/ジョイントパネル)の検討
 ・外足場の検討
 ・中間支柱の検討
必要条件
 ・最大積雪
 ・設計基準風速 → 地域によって決まっています
 ・地域区分 → 海岸、海上・草原、田園・郊外、森・一般市街地・大都市市街地
 ・近接する高さ50m以上の高層建築物がある場合は高層建築物からの距離。
冬期上屋養生工法に関する割付け・検討書作成依頼、ご相談はこちら
誘発目地割付けへ
仮設計画誘発目地割付け冬期上屋養生計画製作型枠計画
製作型枠計画へ
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp