日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所

日本仮設株式会社

日本仮設ホームへ商品情報へ工法紹介へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
商品情報
>
安全保安用品・その他
>
ダストッパー

デザインシートパネル

粉塵防止剤NETIS登録番号:QS-160029-A
T-waveイメージ写真
走行部から法面まで
オールインワンの粉塵、飛砂防止剤
ダストッパーは、車両走行部にも使用可能粉塵防止剤です。散布することで、接触する固形物と結合し、乾燥すると粉塵粒子をすべて閉じ込めるフィルムバリアを形成します。このフィルムバリアは不溶性のため、雨水に溶けず雨季でも丈夫で効果が長持ちします。
 
荷姿

20Lバケツ、1,000Lトート

特 徴

降雨後の乾燥時間の短縮
ダストッパーは雨水を速やかに流去して、路面の強度を維持。降雨時でもトラックが減速せずに走行できます。
近隣地域、水域への土砂流失の減少
路面や法面からの細粒分が流去しにくいため、近隣地域や水域への土砂流出も低減します。現場周囲の環境に配慮しながら、工事を進めることができます。
長期間の保存が可能
 
水で希釈したダストッパーは数日間保存できるため、散布場所までの長距離移動も可能です。
特殊機材が不要
 
散水車、エンジンポンプ、水中ポンプで簡単に散布できます。使用する機材や車両へのサビの原因にもなりません。
T-waveイメージ写真
T-waveイメージ写真
<ダストッパー散布例>

メカニズム

散布後、水分が蒸発し、柔軟な不溶性ポリマーフィルムを構成。粉塵発生物質をすべて閉じ込め、最大6カ月間粉塵と浸食を防止します。フィルムの強度は極めて高く、土中に浸透し、人体と環境への脅威であるPM10(それよりも小さい粉塵粒子も)の放出を防止します。
T-waveイメージ写真
※イラストはイメージです

荷姿/成分/使用量(目安)

■荷姿■   ■成分■
20Lバケツ
  1,000Lトート
 
 
変成セルロースブレンド、乳剤、鉱物系化合物、水
■使用量(目安)■
▼走行部
土質 原液量 水量 希釈率 希釈液散布量/回 散布回数 総使用希釈量
0.4L/u 3.6L/u 10% 2.0L/u 2 4.0L/u
砂利(砕石) 0.4L/u 3.6L/u 10% 2.0L/u 2 4.0L/u
シルト 0.3L/u 2.7L/u 10% 1.5L/u 2 3.0L/u
 
▼非走行部
土質 原液量 水量 希釈率 希釈液散布量/回 散布回数 総使用希釈量
0.2L/u 3.4L/u 6% 1.8L/u 2 3.6L/u
砂利(砕石) 0.2L/u 3.4L/u 6% 1.8L/u 2 3.6L/u
シルト 0.1L/u 2.3L/u 4% 1.2L/u 2 2.4L/u
 

注意事項

散布の際は、防護マスク、防護ゴーグル、防護手袋をご着用ください。
散布の前に、路面を地均ししてください。轍や凹みがあると、その場所に本製品が溜まり、乾燥が遅れます。
散布前に現場にてテストをして、浸透状況をご確認ください。
散布後、乾燥前(約1日)は散布個所を通行しないでください。
路面の遊離した砂利はフィルムバリアを剥がすおそれがあるため、散布前に土中に締め固めてください。
タンク等に水を充填する前に、ダストッパーを充填してください。
散布液は白濁色のため、散布の際は河川や排水溝に流入しないようにご注意ください。
長時間保存した後に散布する際は、希釈液を撹拌してください。
一日に数回散布する際は、最初の散布後、間を置かずに散布してください。
散布後は、散布液が乾燥する前に機材に通水し、洗浄してください。
安全保安用品・その他へ
ダストッパー資料請求
資料請求へ
 
商品情報メニューへ商品情報メニューへ商品情報メニューへ
安全保安用品・その他へ
ダストッパー
特徴/メカニズム/荷姿/成分
資料請求

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ
   
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp