日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所

日本仮設株式会社

 
日本仮設ホームへ商品情報へ工法紹介へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
商品情報
>
安全保安用品・その他
>
セルボン
商品情報メニューへ商品情報メニューへ商品情報メニューへ
安全保安用品・その他へ
セルボン
特長/施工要領/在来比較
仕様/施工実績
資料請求

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ

スラブ開口部スライド補強筋BOX
工程の大幅削減と産業廃棄物の削減に!
配力筋がスライドするスラブ開口部の補強筋
セルボンは配力筋がスライドするスラブ開口部の補強筋です。
在来工法で必要となる大工工事(型枠作成と設置、撤去)、鉄筋工事(開口部周辺の補強)、鍛治工事(開口部内の補強)が不要となり、工程日数の大幅な削減ができます。

特 長

 
 
■開口内部補強不要
 セルボン筋、セルボン主筋、スライド筋により、確実な補強が可能。
 (財)日本建築総合試験所の性能証明 済
■産業廃棄物を出さない
 鉄筋メッシュ型枠を兼備。捨て型枠となるため産業廃棄物が皆無。
■工程日数の大幅削減
 大工工事(型枠作成と設置、撤去)、鉄筋工事(開口部周辺の補強)、鍛治工事(開口部内の補強)が不要。
■トータルコストの削減
 ユニット化により単一職種で施工が可能。工程日数の大幅削減によりコストを削減します。
 
■(財)日本建築総合試験所の性能証明(第04-11)を取得
セルボンは、工事用開口部周囲コンクリートのひび割れ抑制効果を有し、本工法を用いて後打ちコンクリートによって閉塞された工事完了後の鉄筋コンクリート床スラブは、一体打ちされた無開口の鉄筋コンクリート床スラブと同等の長期許容耐力を有すると共に、無開口の鉄筋コンクリート床スラブと同等の終局耐力を発揮すると判断されました。

施工要領

 1.開口部の位置を決める
 2.セルボンを設置する
 3.スラブ配筋をする
 4.セルボンをスラブ筋に結束し固定する
 5.必要に応じて追加支保工を設置する
 
施工上の注意
1 追加支保工の要・不要を確認する
2 セルボン筋端部の乱れに注意する
3 開口塞ぎの時スライド筋を均等に配筋し結束する
4 開口内部の清掃及び水湿しを行い開口塞ぎのコンクリートを打設する
 
デッキ型枠と在来型枠の設置図
   
≪在来型枠設置時≫
 
≪在来型枠設置時≫

在来工法との施工比較

   
 

型枠製作および設置

     

セルボンの設置

     

開口部周辺の補強

     
     

コンクリートの打設

   

開口部養生

     

型枠の撤去

     
     

開口部分の補強

     

スライド鉄筋の結束

     

開口部のコンクリート打設

 
     
 

施工

 
≪ボイドスラブ≫
 
≪ハーフPCの施工-1 セルボン打込み≫
 
<ハーフPCの施工例-2>
 
<セルボン専用養生蓋(開口部養生)>
安全保安用品・その他へ
セルボン|仕様/施工実績資料請求
セルボンの仕様/実績へ
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp
お問合せはこちらから