M e n u

社長紹介

社長挨拶

この度は日本仮設株式会社に興味を持って頂きありがとうございます。代表取締役を務める菊原 歩です。
当社は北海道の地で50余年前に建設資材の商社として生まれ、北海道に育てられてきました。現在は商社機能、メーカー機能、レンタル会社機能の3本の柱で会社を支え、オリジナルの技術や独自商品の全国展開を進めている、今はまだ小さな、小さな会社です。
For the future!を全社員の名刺に大きく印刷している通り、「未来の社会に貢献できる企業」を目指し、一緒に考え行動する仲間を広く募集しています。

例えば、営業マン。社会に大きくアンテナを広げ、当社のオリジナル製品はもとより色々なメーカー様の商品を融合させ、お客様により効率的な提案を行う、会社を支えるゼネラリスト。

例えば、技術部員。より専門的な知識を深め、コンクリート、濁水処理、仮設工事の設計や各種強度計算、新製品の開発などを行い、より安全により使いやすくを追求するエンジニア系スペシャリスト。

例えば、指導員。当社の看板商品の一つ、日本初の移動式昇降足場「リフトクライマー」の施工方法を全国のユーザー様に指導すると同時に新しい使用方法の開発等を行なうスペシャリスト。

例えば、工場部員。新東名自動車道の矢作川橋、札幌芸術の森のオブジェやステージ、川崎大師など、日本を代表するコンクリート構造物の型枠や鋼材を加工する、THE SYOKUNIN。

例えば、情報系部員。ホームページやIT管理はもとより、情報ツールをベースに如何にお客様に新しい情報や、商品を届けるシステムを構築するかを考え、実行する技術融合型のゼネラリスト。

例えば、日本仮設社員。社会に目を向け、知的障害や自閉症などのハンディキャップのある人達とどうやって一緒に仕事をしていけるのかを考えたり、児童養護施設の子供たちとのソフトボール大会、餅つき大会等を主催運営するヒューマニスト。

是非こんな仲間たちと一緒に汗を流してみませんか?多くの人達とお会いし、話をすることを、本当に楽しみにしています。

代表取締役 菊原 歩

日本仮設 八訓

一
同僚は同志であり家族である。
真の思いやりを持ち団結せよ。(社員第一主義)
二
お客様に究極の満足を提供せよ。
三
変化のときこそチャンスと心得よ。
自らが変わり続けることが唯一の勝ち抜くための道である。(全社員クリエイティブパーソン)
四
常に当事者として物事を捉え、一人称で物事を考えよ。
五
会社に必要な人間であれ、社会に必要な会社であれ。
六
明るくあれ。
七
健康は自ら守れ。安全は自分で作れ。
八
全力を尽くした後の失敗にくよくよするな。
新しいこと、難しいことに挑戦しないことこそ恥じるべき行為である。