日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所

日本仮設株式会社

日本仮設ホームへ商品紹介へ工法紹介へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
商品情報
>
コンクリート関連
>
シラン系含浸材:アクアシール1400
>
品質使用/荷姿/適用法規
商品情報メニューへ商品情報メニューへ商品情報メニューへ
コンクリート関連資材へ
シラン系含浸材:アクアシール1400
標準塗装仕様/注意事項
関 連 商 品
KB目地へ コーキング不要のひび割れ誘発目地材KB目地
[クリック]
KBC工法へ 地覆・剛性防護柵用ひび割れ・凍結融解コンクリート劣化防止工法[クリック]
リポテックスへ 皮膜成分を散布するコンクリート湿潤養生剤[クリック]
フィニッシュコートへ コンクリート表面の美観向上及びコンクリート構造物の高品質化に寄与[クリック]

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ

シラン系含浸材 アクアシール1400

標準塗装仕様

 塗装仕様/適応下地…コンクリート
工程
使用材料
塗布量(kg/m2)
養生期間
塗布方法
素地調整

ゴミ、未硬化セメント粉末、砂塵、油脂分などの付着物を、ワイヤーブラシ、かわすき、サウンドペーパー、ウエス、水洗いなどで除去し乾燥した清浄な面とする。

1
アクアシール1400
0.3〜0.5
24時間以上
刷毛・スプレー
ローラー
(砂骨材ローラー)
  • アクアシール1400はアルキルアルコキシシランと無機フィラーが主成分です。乾燥すると無機フィラーがコンクリート表面に付着しています。この無機フィラーは自然に落ちますが、除去する場合は、塗布後(7日後が目安)十分乾燥していることを確認し、たわし、ブラシ、ワイヤーブラシ等で除去してください。
  • アクアシール1400は、夏季の高温下では粘性が低下し、一回では規定量を塗布できないことがあります。この場合は、塗布回数を増やして規定量を塗布してください。

施工上の注意事項

引火性液体ですので、火気および高温物のあるところでは使用しないでください。
取り扱い中はできるだけ皮膚に触れないようにし、必要に応じて有機ガス用防毒マスクまたは送気マスク、耐油性保護手袋、保護眼鏡、前掛等を着用してください、塗装中、乾燥中とも換気をよくし、蒸気を吸い込まないようにしてください。取り扱い作業場所には、局所排気装置を設けてください。
使用前に良く攪拌し、底部に沈殿物のないことを確認後、稀釈せずそのまま使用してください。
アクアシール1400は、コンクリート等の基材に含浸して撥水層を形成し、その機能を発揮する製品です。その含浸の程度は、基材により、また基材の表面状態により変化することがあります。また、塗布した際、稀に風合変色することがあります。これらを防ぎ、機能を十分発揮させるため、事前の試し塗りにより塗布量の決定と仕上がりの確認を必ず実施して下さい。
気温0℃以下、降雨、降雪の場合の施工は避けてください。また、施工中に降雨、降雪等にあった場合は施工を中止し、シート養生をして塗装面を保護して下さい。
低温下での施工では、施工前に躯体が0℃以上で乾燥していることを確認してください。
塗布対象面以外の箇所(植物、金属、ガラス、木材、コーキング材等)は養生等を施し、付着させないようにして下さい。(固着すると全く除去できなくなる場合がありますので十分注意してください。)
スプレー機器、ローラー、はけ等は施工部位を考慮して適切なものを使用してください。
スプレー機器、ローラー、はけ等使用後はシンナー等で洗浄して下さい。
塗布後24時間は水のかからないように養生してください。
本品には臭気があります。施工にあたっては作業者に注意を促すとともに、周辺環境にも留意してください。特に近隣の居住者には施工の前に事前の説明および了承を得るようにしてください。
  KBC工法

↓是非こちらもご覧ください!↓

KB目地との併用でコンクリートの耐久性がさらに向上!
KBC工法

 
アクアシール1400へ
アクアシール1400標準塗装仕様/注意事項品質使用/荷姿/適用法規資料請求
品質使用/荷姿/適用法規へ
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp