日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所
日本仮設株式会社
 
日本仮設ホームへ商品情報へ工法紹介へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
商品情報
>
コンクリート関連
>
モイスマット
商品情報メニューへ商品情報メニューへ商品情報メニューへ
ピックアップ商品へ
モイスマット
特徴/構造/効果

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ
モイスマット
NETIS登録番号:KK-130046-VE
コンクリート湿潤養生マット
 
モイスマット

繰り返し使用が可能なコンクリート湿潤養生マット

モイスマットは、コンクリート構造物の品質や耐久性を向上するために、脱型後のコンクリート表面に設置し、効率的な湿潤養生を行うマットです。また、優れた保水力を持ち、10回程度の繰り返し使用が可能なので経済的です。

特 徴

優れた保水力で
散水を軽減

高い保水力と優れた蒸散抑制効果によって、水平と垂直どちらのコンクリート面に対しても長期間、効果的な湿潤養生を行うことができます。また、設置後の散水量も大幅に削減します。

良く密着し
垂直面の作業性も良好

湿潤時のモイスマットは、マット全面に均一な保水力をもつため、コンクリートへの密着性が高く、垂直面・傾斜面への設置作業も容易に行えます。

湿潤時でも軽量で
作業が容易

レーヨン/オレフィン不織布とポリプロピレン(PP)系フィルムによって構成され、乾燥時で約240g/m2、湿潤時でも約1,200g/m2と軽量なので、持ち運びや設置作業が楽に行えます。

薄いので
コンパクトに保管

モイスマットは保水力が高く薄い(厚さ:約0.7mm)ので、持ち運びしやすく、コンパクトに保管できます。

繰り返し使用可能

使用条件や使用環境にもよりますが、10回程度の繰り返し使用が可能です。(クラボウ調べ)

構造

モイスマットの構造イメージ図

ポリプロピレン(PP)系フィルム

耐アルカリ性の高いフィルムによって蒸発を抑え、湿潤状態をより長持ちさせることができます。

レーヨン/オレフィン不織布(保水性付与)

電子線グラフト重合技術で不織布全面に均一に結合された高分子吸水剤により効果的に水分を保持するので、コンクリート面を長期間にわたって湿潤状態に保つことができます。
また、コンクリートとの密着性も高いので、垂直面や傾斜面への設置もしやすくなります。

 
電子線グラフト重合技術」とは、電子線を利用して繊維に様々な機能を付与することができる改質技術です。繊維に機能性物質を分子レベルで強固に結合させるため、高い機能を保持することができます。
電子線グラフト重合技術1.生地に電子線を照射   電子線グラフト重合技術2.分子を活性化   電子線グラフト重合技術3.機能性物質を結合   電子線グラフト重合技術4.分子レベルで強固に結合

使用方法・用途例

「モイスマット」をコンクリート表面に設置し、必要に応じて散水することで、湿潤状態を保ちます。
マスコンクリートの打設や、大型プレキャストコンクリートの製造に最適な湿潤養生マットです。

モイスマットの用途例
「モイスマット」で湿潤養生中

室内試験によるコンクリート垂直面の養生効果の一例

細孔分布   透気係数
直径が0.1〜5μmの細孔量が減少していることから、緻密化していることが分かる
 
緻密化しているため、透気係数が小さい
     
塩化物イオン浸透深さ   中性化深さ
緻密化しているため、塩化物イオンの浸透深さが浅い
 
緻密化しているため、中性化深さが浅い

仕様

モイスマット・製品仕様

規格

幅1.0m × 長さ20.0m

重量

乾燥時=約4.8kg /本 ・ 湿潤時=約24.0kg /本

使用回数

10回程度の繰り返し使用が可能(使用条件や使用環境による)

※ページ内の数値は測定値であり、保証値ではありません。
※ページ内の記載内容は、予告なく変更する場合があります。
コンクリート関連資材へ
モイスマット資料請求
モイスマット資料請求フォームへ
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp