日本仮設ホームページ 仮設資材の開発、設計、製造、販売及びレンタル/一級建築士事務所

日本仮設株式会社

 
日本仮設ホームへ工法紹介へ工法紹介へ製作型枠へ仮設計画へ企業情報へお問合せへ
HOME
>
製作型枠
>
製作型種類
>
02:PC版特殊型枠
製作型枠へ製作型枠へ製作型枠へ
札幌本社TEL
東京支店TEL

資料請求・お問合せフォームへ

事業所一覧へ

PC版特殊型枠

転用回数:
4回程度
様々な曲面や複雑な形状のPC版型枠に対し、CAD設計・各種製作機械と熟練した大工技術を駆使し鋼製枠に劣らない高品質の型枠をお届けいたします。

施工事例

工 事 名
:
信廣寺本堂建立工事
発 注 者
:
信廣寺
施 工 業 者
:
(株)T工務店北海道支店
製作型枠m2
:
約2000m2
施工業者コメント
T工務店、設計施工による、新廣寺の図面を見た時、平面的に楕円の建物なので意欲を感じていた。元請ではアールのきつい部分だけを楕円形にして、アールのゆるい部分は、直線的な多角形にする予定でいた。しかし私はきれいな曲面の楕円形の建物にこだわった。
一般的にPC版の型枠は転用回数、精度、蒸気養生、ファスナー固定等の関係でスチール型枠であるが、納期、金額のことを考え、木製枠にすることを決め、日本仮設鰍フ吉本課長、島中工場長と打合せに入った。型枠製作の過程で種々の問題が発生し、試行錯誤を繰り返したが工場の人の協力もあり完成した。あとの問題は、木製枠が蒸気養生に耐えられるかどうか又最悪の場合は転用できないかもしれない事であった。しかし実際にPC版の製造にかかってみると3回は使用可能であり手直し、調整はその都度必要であったが4回〜5回転用した枠もあった。そして出来たPC版は自分の納得のいく製品だった。今後の課題としては、剥離剤を含めた仕上面に対する考慮とファスナーの固定方法の改良があげられる。

写真・形状

PC版型枠製作風景
型枠製作風景
完成
<PC版型枠製作風景>
<型枠製作風景>
<完成>
<製作PC版>
<製作PCバルコニー>
〒063-0836 北海道札幌市西区発寒16条14丁目6-50
TEL:011-662-2611 / FAX:011-662-2501
E-mail:info@nihonkasetsu.co.jp